江東ねこの会

江東ねこの会の活動などを中心に報告しています。 ホームページはhttp://kotonekonokai.jimdo.com/です。

私たちは江東区で、飼い主のいない猫の適正飼養普及活動を行っています。
それに加え、保護猫の里親募集、イベントの開催、各ボランティア団体との協力等、活動の場を広げながら、すべての猫が幸せになることを目指しています。

マウイ島に住んでいた友人によると、whale tail(ホエールテール、鯨の尾)は幸運の象徴なのだとか。
クロちゃんの額には、このwhale tailが 白くくっきり浮かび上がっています。
IMG_4130

クロちゃん、やはり幸運の持ち主なのでしょうか。2センチ弱の腫瘍が、首に見つかりましたが、検査の結果、極めて良性のものだと分かりました。大きなニキビのようなものだそうで、獣医さんが絞り出してくれました。

急な入院となってしまった飼い主のKZさんですが、このクロちゃんの良い話が、完治へ向かう一手となってくれればよいと願うばかりです。

現在クロちゃんは、KZさんの仲間が保護預かりをしています。
IMG_4131

クロちゃんは物おじしない、天真爛漫で無邪気な可愛い子です。
IMG_4133
お父さんは入院中も頑張っているよ。クロちゃん、何も心配しなくていいよ。
KZさんが早く恢復しますよう、メンバー一同心より祈っています。

先週、譲渡会にお邪魔させていただきましたが、ついにあの夢ねこさんと当会との夢のコラボレーションが叶いました!

来たる11月26日、夢ねこさんにスペースをお借りし、わたしたち江東ねこの会がチャリティーバザーを開催します。

譲渡会の入り口にてのプチ開催ですが、品数揃え皆様のお越しをお待ちしております。

出店はもちろん江東手工芸協会さまに全面的にご協力をいただきました。元気にチャリTも販売致します!
会場は熱気ムンムン亜熱帯ですから、半袖で間違いなし笑!

江東手工芸協会さまが、チャリティーバザーのために このような素晴らしい看板を作成してくださいました!本当にどうもありがとうございます!
DSC_0189


IMG_4090
26日、押しも押されぬ可愛いねこたち、区民まつりでも大好評だった素敵な手工芸の数々、そして元気なチャリTが皆様のお越しをお待ちしています!
see you there!

会もいろいろな事件を見てきました。飼い主がねこを置き去りにしたまま退去してしまったこと、ねこを遺して突然逝ってしまったこと、そして今回・・・。

OのエリアのKZさんは、地域ねこ活動に長年協力してくださり、ご自身もねこを飼っています。しかもそのねこ、亡くなった隣人の部屋に遺されていたところをKZさんが放っておけず保護したものでした。

最近、残念なことにKZさんに深刻な病気が見つかり、手術が必要ということで緊急入院をしました。首に腫瘍が見つかったのです。
残されたクロちゃんをどうしようか、誰もが心をくだきました。

クロちゃんは1人ぼっちの部屋の中で、荒んでいました。大ベテランのメンバーKさんも恐怖を覚えたといいます。

まず、玄関先に立ちはだかり、Kさんを中に入れようとしません。
そして中に一歩踏み入れようとするなら、追いかけてきて攻撃する気配を漂わせました。

初日はそんな様子でした。
しかし翌日から朝に晩に通い給餌し遊んであげるうちに、攻撃の色は薄れ、可愛い本来の姿を見せるようになりました。
ただし、玄関を開けると まずフーフー(怒)は一応の お約束だったようですが笑。

Kさんの後に続き、Oもクロちゃんと お近づきになりました。
頭、背中をワシャワシャと力強く撫でます。
あごの下を撫でました。
一瞬何も考えられませんでさした。
・・・しこりです。
しかも大きなものです。直径2センチ弱でしょうか。

「そんなところまでお父さんと同じじゃなくていいんだよ!」
Kさんが声を絞り出します。

IMG_4075
暑い中、寒い中、皆勤賞のIさん。御歳94才です。慎重なねこたちもみんな彼女に心底慣れています。ひと手間加えたエサが美味しいのでハトやカラスにも好かれてしまいますが。

↑このページのトップヘ